So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

閣僚や民主のヤジは「最後っ屁」「破れ蓄音機」 自民・大島氏が批判(産経新聞)

 自民党の大島理森幹事長は26日午前の記者会見で、衆院予算委員会で閣僚席からやじが相次いだことについて「やじは一定の品性とユーモアがあるべきだ。質問が終わった後に最後っ屁(ぺ)のように言うのは子どもの議論だ」と批判した。

 衆院本会議での民主党の若手議員のやじに対しても「破れ蓄音機のようで、妨害に値する。諸先輩方はきちんと教えているのだろうか」と皮肉った。

【関連記事】
菅、亀井氏はヤジ将軍? 閣僚席はまるで野党席
“やじ最強”3閣僚を名指しで抗議 自民
荒れる国会「ドラ息子」「すねに傷」 やじに傍聴人は「声聞こえぬ」
鳩山邦夫氏を党政倫審に呼ばない 自民幹事長
「小沢独裁」あぶり出せ 自民が攻勢強める

<松浦市長選>友広郁洋氏が再選(毎日新聞)
保育所定員5年で25万人増、閣議決定へ(読売新聞)
<小沢幹事長>「職責を全うしたい」 続投で政権に逆風も(毎日新聞)
ハイチ大地震 現地で活動、熊谷さん帰国「水と食糧必要」(毎日新聞)
小沢氏、土地売買「秘書に報告をしろと言ってない」(産経新聞)



シムドライブEV、先行開発車事業…岡山県・鳥取県の狙い(レスポンス)

SIM-Drive(シムドライブ)先行開発車事業第1号の記者発表会で、清水浩社長は「地域活性化」という言葉を時折はさみながらプロジェクトを説明した。

[先行開発車のイメージ]

自動車完成車メーカー、電池関連メーカー、自動車部品関連メーカー、精密機器メーカー、重工業、商社など、今回34の企業・団体が参加しているが、その中には自治体も含まれている。岡山県と鳥取県だ。

この2つの自治体の参加理由について同社は「地場産業育成の観点から」と説明している。岡山・鳥取ともにさらに具体的な参画内容を関係者が語った。

岡山県は「県の主要産業のひとつに自動車関連産業がある。今回は、次世代電気自動車への移行期に我々自治体と県の関連企業などがどう対応できるか、また新たに他の業種からの参画がどこまでできるかという可能性を探ろうという狙いで参加した。地場産業を支援していく県としても、電気自動車の最新のノウハウを習得しておくべきとも考えている」と。

鳥取県は「県内に自動車部品の中小企業が50 - 60社あり、このプロジェクトへの参加を県が募ったところ、11社が手を挙げた。こうした企業の意向を県がまとめて、鳥取県というチームで参画することを決めた。11社から集めた負担金と県の一部補助金を合わせて同プロジェクトへの参加費用を納めた。こういうチャンスを活かしてチャレンジしていこうと、今は意気込んでいる」と話す。

経済産業省中国経済産業局がまとめた資料には、広島県にあるマツダ関連と岡山県にある三菱自動車水島製作所関連の2つを柱とした自動車関連産業のネットワークを、さらに付加価値の高いものにするという目標が掲げられている。中国地方の関連産業どうしの連携体制を強化しながらも、各自治体は地場産業の今後の生き残り策として、こうした先行開発車事業などに積極的に参画し、地元企業などとの技術共有、ノウハウのフィードバックに取り組もうとする姿勢がうかがえる。

《レスポンス 大野雅人》

【関連記事】
【カーエレ10】浜松100%のEVを目指す…Takayanagi
iPhoneと災害---平成21年度千代田区帰宅困難者訓練より
NTTデータ、EVインフラ実証実験に参加…課金方法など検証
SIM-Drive シムドライブ 特別編集
電気自動車 EV、PHV 特別編集

小沢氏、沖縄に土地 辺野古から9キロ投機か 17年購入(産経新聞)
<大脳>「臨界期」後でも機能変化 早期教育論に影響も(毎日新聞)
<粘菌>ネットワーク構築の性質、物流経路の設計に応用可能(毎日新聞)
<大脳>「臨界期」後でも機能変化 早期教育論に影響も(毎日新聞)
淡路島でスイセン見ごろ(産経新聞)




-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。